間者を使って敵の情報を得る

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳

攻撃する場所や城や人物を定めたら、それらを守る大将・左右の将軍・関係する役人らの姓名をまず知る必要がある。間者を使って、それらを調べるのである。

原文

凡軍之所欲撃、城之所欲攻、人之所欲殺、必先知其守將左右謁者門者舍人之姓名、令吾間必索知之、

書き下し

凡そ軍の撃たんと欲する所、城の攻めんと欲する所、人の殺さんと欲する所は、必ず先ず其の守将・左右・謁者(えっしゃ)・門者・舎人(しゃじん)の姓名を知り、吾が間をして必ず索(もと)めてこれを知らしむ。

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永