先ずその愛する所を奪えば聴かん

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳

あえて聞こう。敵が秩序だった状態で、今まさに攻めこもうとしている。これをどうやって迎え撃つか?

まず敵が大切にしているものを奪うのだ。そうすれば、こっちの自由に操れる。

軍隊を動かすには迅速が一番である。

敵がまだ準備を整えていないところへ、思いもよらないやり方で攻め込み、敵が油断している地点を攻めるのである。

原文

敢問、敵衆整而將來、待之若何、曰、先奪其所愛、則聽矣、兵之情主速、乗人之不及、由不虞之道、攻其所不戒也、

書き下し

敢えて問う、敵 衆整にして将に来たらんとす。これを待つこと若何。

曰わく、先ず其の愛する所を奪わば、即ち聴かん。

兵の情は速を主とす。

人の及ばざるに乗じて不虞の道に由り、其の戒めざる所を攻むるなりと。

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永