敵を分断する

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳

昔の戦上手は、敵軍に前後の連絡を途絶えさせ、大部隊と小部隊が協力しあわないようにさせ、 身分の高い者と低い者が救いあわないようにさせた。

上下が助け合わないようにさせ、兵士達が分散して集中しないようにし、集中しても整わないようにさせた。

利益があれば動き、利益がなければけして動かなかった。

原文

所謂古之善用兵者、能使敵人前後不相及、衆寡不相恃、貴賤不相救、上下不相収、卒離而不集、兵合而不齋、合於利而動、不合於利而止、

書き下し

所謂古えの善く兵を用うる者は、能く敵人をして前後相い恃まず、貴賎相い救わず、上下相い扶けず、卒離れて集まらず、兵合して斉わざらしむ。

利に合えば而ち動き、利に合わざれば而ち止まる。

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永