司令官の避けるべき五つの危険

現代語訳

司令官には五つの避けるべき危険がある。

一。決死の勇気だけで思慮に欠けること。こういう者は殺される。

ニ。生き延びることに執着しすぎること。こういう者は捕虜にされる。

三。怒りっぽいこと。敵の侮辱にペースを乱し、計略に陥る。

四。清廉潔白すぎること。敵の侮辱にペースを乱し、計略に陥る。

五。兵士を労わりすぎること。兵士の世話に時間と手間をとられ、本分を見誤る。

およそこの五つは司令官の犯してはならない過ちである。用兵に害になることである。軍隊を壊滅させ司令官を殺すのは必ずこの五つの危険からであるから、よく知っておかねばならない。

原文

故將有五危、必死可殺也、必生可虜也、忿速可侮也、廉潔可辱也、愛民可煩也、凡此五者、將之過也、用兵之災也、覆軍殺將、必以五危、不可不察也、

書き下し

故に将に五危あり。必死は殺され、必生は虜にされ、忿速は侮られ、廉潔は辱しめられ、愛民は煩さる。

凡そ此の五つの者は将の過ちなり、用兵の災なり。

軍を覆し将を殺すは、必ず五危を以てす。

察せざるべからざるなり。

現代語訳・朗読:左大臣光永