百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり

現代語訳

そもそも用兵の原則は、敵国を傷つけずに降伏させることが最上であって、戦って打ち破るのはそれよりは劣る。

軍団を降伏させるのが最上であって、軍団を打ち破るのはそれより劣る。旅団を降伏させるのが最上であって、旅団を打ち破るのはそれより劣る。

大隊を降伏させるのが最上であって、大隊を打ち破るのはそれより劣る。小隊を降伏させるのが最上であって、小隊を打ち破るのはそれより劣る。

だから、百回戦って百回勝つのが最善なことではない。戦わずして勝つのが、最善なのだ。

原文

孫子曰、凡用兵之法、全國爲上、破國次之、全軍爲上、破軍次之、全旅爲上、破旅次之、全卒爲上、破卒次之、全伍爲上、破伍次之、是故百戰百勝、非善之善者也、不戰而屈人之兵、善之善者也、

書き下し

孫子曰く、凡そ用兵の法は、國を全うするをもって上と爲す、國を破るは之に次ぐ、軍を全うするを上と爲し、軍を破るは之に次ぐ、旅を全うするを上と爲し、旅を破るは之に次ぐ、卒を全するを上と爲し、卒を破るは之に次ぐ、伍を全うするを上と爲し、伍を破るは之に次ぐ、是故に百戰して百勝するは、善の善なる者にあらざるなり、戰はずして人の兵を屈するが、善の善なる者なり、

現代語訳・朗読:左大臣光永