利害両面を考える

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳

知恵のある者は、物事の利益と害悪、両方の面を考える。利益になる面を考えるから仕事は必ず成功するし、害悪のことも考えるから心配事が無くなるのである。

原文

是故智者之慮、必雜於利害、雜於利、而務可信也、雜於害、而患可解也、

書き下し

是の故に、智者の慮は必ず利害に雑う。
利に雑りて而ち務めは信なるべきなり。
害に雑りて患いは解くべきなり。

■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永