君命に受けざる所あり

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳

進んではいけない道というものがある。撃ってはならない敵軍というものがある。攻めてはいけない城というものがある。争ってはいけない地というものがある。たとえ君命でも、受けてはならない君命というものがある。

原文

塗有所不由、軍有所不撃、城有所不攻、地有所不爭、君命有所不受、

書き下し

塗(みち)に由らざる所あり。軍に撃たざる所あり。城に攻めざる所あり。地に従わざる所あり。君命に受けざる所あり。

■【古典・歴史】メールマガジンのご案内
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

現代語訳・朗読:左大臣光永