音声をダウンロードする

中国語と日本語による『孫子』の朗読音声を無料でダウンロードできます。詳しくはこちら



戦争に拙速はあっても巧久は無い

現代語訳

軍隊を運用する時の原則として、軽戦車千台、重戦車千台、鎧で固めた武者十万人、千里先に食糧を運搬する時は、内外の出費、外交使節をねぎらう費用、にかわや漆などの材料費、戦車や甲冑の供給などで、一日に千金を費やしてようやく十万の軍隊が動く。

戦いが長引けば勝ったとしても兵士たちを疲れさせ、鋭気をくじく。城を攻めれば戦力は底を尽き、長く軍隊を外に露営させていると、国家財政が疲弊する。

兵士たちを疲れさせ鋭気をくじき財貨を使い果たせば、そのスキにつけこんで攻め込んでくる諸侯も出てくる。どんな知恵者でも、善後策を立てることができない。

戦争には拙速…やり方はまずくても早めに終わらせるということはあっても、巧久…うまい具合に長期間行う、ということはありえない。

そもそも、戦争が長引いて国家に利益などあったためしが無い。だから、軍隊を運用することの弊害を知り尽くしている者でなければ、その利点も知ることはできない。

原文

孫子曰、凡用兵之法、馳車千駟、革車千乘、帶甲十萬、千里饋糧、則内外之費、賓客之用、膠漆之材、車甲之奉、日費千金、然後十萬之師舉矣、其用戰也、勝久則鈍兵挫鋭、攻城則力屈、久暴師則國用不足、夫鈍兵挫鋭、屈力殫貨、則諸侯乘其弊而起、雖有智者、不能善其後矣、故兵聞拙速、未睹巧之久也、夫兵久而國利者、未之有也、故不盡知用兵之害者、則不能盡知用兵之利也、

書き下し

孫子曰わく、凡そ用兵の法は、馳車千駟・革車千乗、千里にして糧を饋るときは、則ち内外の費・賓客の用・膠漆の材・車甲の奉、日に千金を費して、然る後に十万の師挙がる。

其の戦いを行うや勝つも久しれば則ち兵を鈍らせ鋭を挫く。城を攻むれば則ち力尽き、久しく師を暴さば則ち国用足らず。

夫れ兵を鈍らせ鋭を挫き、力を尽くし貨をつくすときは、則ち諸侯其の弊に乗じて起こる。智者ありと雖も、其の後を善くすること能わず。

故に兵は拙速なるを聞くも、未だ巧久なるを睹ざるなり。

夫れ兵久しくして国の利する者は、未だこれ有らざるなり。故に尽々く用兵の害を知らざる者は、則ち尽々く用兵の利をも知ること能わざるなり。


音声をダウンロードする

中国語と日本語による『孫子』の朗読音声を無料でダウンロードできます。詳しくはこちら



現代語訳・朗読:左大臣


音声をダウンロードする
中国語と日本語による『孫子』朗読音声を無料でダウンロードできます。詳しくはこちら



発売中
朗読『孫子』For Windows

『孫子』全13篇を漢文書き下し・現代語訳・中国語で朗読。画面に文字を表示しながら聴くことができます。

中国語朗読つき 李白 詩と生涯

豪放かつ華麗。そして時に繊細な李白の詩の世界を、日本語と中国語による朗読で。